2016年9月11日日曜日

【感想】君の名は。

君の名は。
見に行ってきました。

今現在の日本アニメーションの集大成と言っても過言ではないと感じました。
というか何言っても陳腐になるから感想言いたくないってレベル。
深夜アニメの良さとジブリアニメの良さを掛け算してよく分からん境地に到達したとか、あぁ、上手い言葉が見つからない。

自分が、アニメに限らず、物語を見る時に感じたい感情の全てがありました。
同時に、自分の創作活動で、見てくれる人に与えたい感情の全てを感じて、自分もこんな風に心を揺さぶれるようになりたい、と強く思った次第です。

コメディタッチの強い前半から、一つの事実を中心に、物語が一気に加速、コメディタッチは残しながらシリアスというか心を揺さぶってくる展開に。
これって自分の中でデジャヴが・・・と思って、そうだ、子供のころに見た劇場版のドラえもんがこんな感じだった。それを今、また子供の時と同じように味わえるとは。

イースエターナルのOPに衝撃を受けてから・・・16年。
PCショップのディスプレイの展示に秒速のOPが流れていて、2時間ぐらい見てしまったこともありました。
BD絶対買います。

0 件のコメント:

コメントを投稿